BUSINESS事業について

調剤事業

①処方せんを受け付けます

全国どちらの医療機関の処方せんも受け付けます。

初回またはお久しぶりの来局の方には、薬を安全に使用してもらうためにアンケートをお願いすることがあります。
このアンケートは患者さまの体質や生活習慣に照らし合わせて、処方内容が適正か確認するためのものであり、お薬の緊急安全性情報が出された時のために、ご連絡先もお伺いしています。

②処方せんを確認します(処方監査)

処方せんの内容と薬歴(服用している薬の名前・量・日数などの記録)やお薬手帳を確認して、必要があれば、処方医に問い合わせたり、患者さまへ症状等についてお聞きすることもあります。

<確認事項>
用法・用量は適切か
薬の成分が重なっていないか
飲み合わせなどに問題はないか
副作用歴・アレルギーや禁忌(使用してはいけない)などはないか
飲み忘れたお薬がたくさん残ってしまっていないか
など

処方の内容によっては、ジェネリック医薬品への変更をご案内します。

この間お時間をいただくことがありますが、この確認作業が患者さまの安全を守ることにつながります。

みなさまのご理解とご協力をお願いいたします。

?処方せんに期限があるのですか?

③お薬を調剤します

調剤とは、処方せんに基づきいろいろな薬剤を準備・調整することです。
飲みやすいように小分けにしたり、粉砕することもあります。
軟膏や粉薬、シロップ剤の計量や混合、何種類かの錠剤をまとめてパックにする(一包化)場合は、お時間がかかることがあります。

④調剤されたお薬を確認します(最終監査)

患者さまにお渡しする薬に間違いや問題がないか、再度確認します。

⑤お薬の説明をしてお渡しし、薬歴に記録します

患者さまの症状をお聞きしながら、お薬の飲み方、薬の効果や注意事項などを説明します。
わからないことや不安なことがありましたら、なんでもご相談ください!

患者さまが服用している薬の内容、副作用歴、アレルギーや説明した内容は毎回記録しています(薬歴)。
薬歴は、患者さまの薬の治療の安全性と有効性を確認し、副作用などのリスクを未然に防ぐ大切な情報です。治療経過や今後の服薬指導に役立てます。

⑥会計

お大事にどうぞ。

領収証は医療費控除(年末調整・確定申告)の際に必要な書類です。大切に保管してください。

ページトップへ
MENU