BUSINESS事業について

在宅事業

 

薬剤師による在宅訪問とは

連携
薬局の薬剤師が患者さまのご自宅やご入居されている施設を訪問し、お薬をお届けします。
医師やケアマネージャーなど、医療・介護関係者みんなで連携して患者さまを支えるサービスです。

訪問・お届け

お薬をお届けに訪問した際には、
●今までの薬の使用状況・効果・副作用などを確認
●体調や生活状況を確認
●ご家族にヒアリング
など、いろいろ確認させていただきます。
患者さまの症状や生活状況などに合った薬を使用し治療効果を高めるためです。

その上で、医師に薬の種類や用法・用量などの変更を提案することもあります。

安心感のある療養生活を送ることができるようサポートしますので、薬の疑問や不安があればご相談ください。

訪問後…

薬剤師は、地域の医療・介護の専門家とチームを組んで、在宅訪問に取り組んでいます。
医師やケアマネージャーに薬剤師から報告します。
患者さまがより安心して在宅医療・介護サービスを受けられるよう、関係者で情報を共有します。
患者さん・介護スタッフと医師の架け橋になります。

訪問サービスご利用開始までの流れ

①まずは薬局にご相談ください
※担当ケアマネージャー、主治医の先生にご相談いただいても大丈夫です。
  
②薬剤師が患者さまの状況を確認し、医師へ報告
薬剤師がご自宅を訪問するなどして、患者さまの状況を確認させていただきます。
医師へ状況を報告し、「訪問指示」を仰ぎます。
  
③患者さまの同意
医師から訪問指示が出た後、患者さまのご意向を確認させていただきます。
  
④ご自宅訪問サービス開始!

ご利用の対象となる方

在宅訪問は、以下にあてはまる方にご利用いただくことができます。

●通院、来局が困難な方
●自宅での薬の使用や管理に不安があり、訪問サービスを必要とされている方
●医師から薬剤師に訪問指示があること
●サービスご利用に対し、患者さまご本人(ご家族)の同意があること

ご利用料金

下記の費用で薬剤師訪問サービスを承っております。
現在利用されている保険やお住まいの状況により、費用が変わります。


      料金3

     介護保険

  (居宅療養管理指導費)

    医療保険

(在宅患者訪問薬剤管理指導料)

  単一建物診療患者1

    が1人の場合

      507

      650

  単一建物診療患者1

   が2~9人の場合

      376

      320

  単一建物診療患者1

   が10人以上の場合

      344

      290

     臨時(緊急)

     訪問時料金

      -2

      500

上記表は自己負担1割の場合。1回のご利用につきかかる費用です。お薬代は別になります。

※1 「単一建物診療患者」とは、個人宅や介護施設など、同じ建物に住んでいる人のうち、訪問診療サービスを利用した人数のこと。
   同居する同一世帯の利用者が2人以上いる場合、利用者が同じ建物の戸数の10%以下の場合
   または20戸未満で利用者が2人以下の場合には、患者さまごとに(自己負担1割の場合)650円かかります。
※2 医療保険にしかない項目のため、介護保険をご利用の方でも医療保険をご利用いただくことになります。
※3 麻薬の使用に関しては、(自己負担1割の場合)100円が追加されます。
   また、6歳未満の乳幼児に関しては、(自己負担2割の場合)200円が追加されます。

ご利用可能回数

 

     回数

    保険の種類

      基本

  定期的:月に4回まで

  医療保険・介護保険

末期の悪性腫瘍の患者さま

中心静脈栄養法の対象患者さま

  定期的:週に2回、

      月に8回まで

  医療保険・介護保険

  臨時(緊急)の訪問4

   緊急:月に4回まで

    医療保険

※4 医療保険にしかない項目のため、介護保険をご利用の方でも医療保険をご利用いただくことになります。

ページトップへ
MENU